コボルト環境でのOTK型ドラゴンプリーストの変遷

(2/16追記:記事末に今回参考にさせていただいたデッキの作者及びBeerBrickの記事へのリンクを追加)

 ナーフから1週間ほど経ちましたが、環境は結構混沌としていて面白いことになってますね。ボーンメアの代役として菌術師が出てきたり、パラディンが飢えたカニの脅威から逃れるために新兵シナジーを採用してクリスタル・ライオンが構築入りしたり。

 そんな中、私自身は飽きもせずあいもかわらずOTK型ドラゴンプリーストやってるわけですが。
 ただ、今後も使い続けていくためには、環境に合わせた微調整が大事になってきます。
 そこで、コボルト環境以降におけるドラプリの構築の流行の変遷を見てみようと、BeerBrickに挙げられてる、2017年12月14日以降にレジェンド上位到達したOTKドラプリのデッキを表にしてみました。

f:id:kadoha:20180214234925j:plain


 こうして見ると、まずこのデッキのテンプレとして採用されているのは以下の24枚。

f:id:kadoha:20180214235213j:plain

 これらはまず絶対。
 とすると、残り6つの自由採用枠が構築の腕の見せ所となるわけです。
 その6枠で、弱点を補強していくのか、長所をより伸ばすのか、対応力をつけるのか。
 OTKドラプリについて言い換えれば、アグロ耐性を強化するのか、OTKを決めるための準備を整えるのか、あるいは特定のヒーロー・デッキをメタるのか。

 傾向をざっと見てみます。

<アグロ耐性強化>

 アグロ対策としては、軽いAOEか挑発といったところが定番。コボルト初期はAOE代わりになる熱狂する火霊術師がよく採用されていましたが、最近はほぼ絶滅。このところは定番挑発ミニオンのタール・クリーパーが人気。
 私も両方試しましたが、味方にもダメージ入る熱狂する火霊術師は、体力バフしてからの反転ドーンというこのデッキの趣旨とそもそも相性良くない気がします。
 タール・クリーパーも、沈黙必須の現環境ではあっさり抜かれる場面多くて、壁としては正直そこまで信頼できません。ただ、スペルブレイカーを早めに引っ張り出せばそれだけで仕事したとも言えます。次のターンにダスクブレイカーで他の小型ミニオンもろとも掃除してもよし、体力1にされる心配せずにトワイライトドレイクを着地させるもよし。
 あと、挑発ミニオンとしては、ストーンヒルの守護者、トートランのシェルレイザーなども試したことありますが、前者は自身が壁として貧弱すぎ、後者は4マナ枠はすでにダスクブレイカー、トワイライトドレイクで埋まっている、ということでしっくり来ず。回復狙えつつOTK向きのステータスも優秀な宴のプリーストもありだと思うんですが、これも4マナなので枠がキツイ。

 その他のAOEとして、ドラゴンファイアポーション、心霊絶叫、最近では始祖ドレイクといったところも見られますが、ダスクブレイカーの全体3点の丁度良さに比べると、帯に短し襷に長しという感じが否めず。弱いというよりダスクブレイカーが強すぎるせいで採用率は高くありません。

 あと、狂気ポーションは、2枚→1枚→2枚と入れる枚数の流行りに波が見られます。

  1. コボルト初期)対ラザカスプリーストで相手のドローソースをパクって逆用できれば強いので2枚入れとこ
  2. (ナーフ前後)ウォーロック相手に2枚入れても使いきる前にガイストで燃やされるし1枚で十分だべ
  3. (ナーフ後)マーロックパラディン、秘策メイジの序盤からのラッシュを返すには2枚あっても?

 という経緯。たぶん。個人的にはこれ以上のアグロ天国にでもならない限りは1枚挿し派。まあ、私のデッキには影の狂気も入ってますし。


<OTK強化>

 OTKを強化する方向の構築としては、

  • パーツを早く揃えるためのドローソースを入れる
  • OTKのパーツになりうるカードを増やす

 という2パターンが考えられます。
 ドローソースとしては、ハマれば複数ドロー狙える回復の輪や苦痛の侍祭が当初よく見られましたが、その後は確実な1ドローの初級エンジニアを2枚入れる構築が流行り、現在はどちらもあまり採用されてません(ここにきてナットペイグル入りという独自路線も現れましたが、さすがに定着はしなそう)。
 もともとノースシャイアの聖職者、真言盾とわりとドローソース豊富なデッキですので、さらにドローに枠を割いてる余裕あるのかという気もします。あと、密言痛を入れてるラザカスプリースト、死角からの一刺しorSI7諜報員+ダガーで簡単に3点出せるテンポローグが環境から消えたことで、序盤にノースシャイアの聖職者を適当に素出ししておいてのドローが期待しやすくなった、というのもあるのかも。

 OTKパーツになりうるカードとしては、イカれた錬金術師が最近ではほぼ構築入りレベルの採用率の高さ。コントロールウォーロックには大体入ってるガイストに内なる炎を燃やされても即投了しなくて済む安心感は大きいです。
 手札からOTKを狙えるストームウインドの騎士は、このところは構築から外れています。同じく手札を溜め込んでOTK狙ってくるラザカスプリースト相手には有効だったんですが、現環境ではひたすら挑発が並ぶコントロールウォーロックや、爆発のルーンで出てきた瞬間に燃やされたり、アイスブロックで跳ね返されたりする秘策メイジといった、ストームウインドの騎士が機能しづらい相手が増えているのが逆風。
 逆に増えてきているのが、大いなる解呪。ウォーロックがDKやらンゾスやらで盤面一杯に挑発並べてきた返しのターンにOTK狙えるというのはあまりに魅力的。ドローもついてるので腐りにくいです。
 2枚目のトワイライトの侍祭、狂気ポーションも、コンボで相手のミニオンをパクってのOTKを狙うチャンスが増えるという意味では、このジャンルに入れてもいいかもしれません。ただ、格好のターゲットであるヴォイドロードが出てくる頃というのは、いつガイストで狂気ポーションを燃やされてもおかしくないタイミングでもあるので、実際にはなかなか。決まると最高に気持ちいですが。影の狂気で狙う方がまだ現実的な気はします。
 ちなみに、私のデッキの狐のマリンもOTKパーツの一つ。敵の盤面に出る0/8の宝箱は、パクってOTK決めるには格好の種です。OTKドラプリのミラーマッチなんかでは危なくて出せたもんじゃりませんが。


<テックカード>

 自由採用枠の花形、テックカード。特定のデッキを狙い撃ちしてぶっ刺すカードですね。
 ただ、このデッキはドラゴンミニオンの性能の高さで多少のことには対応できてしまうし、そもそも相手に対応するよりもOTKパンチを通すことに注力したいので、テックカードに割ける枠はそこまで多くないのかなとも思います。
 とりあえず、採用されたことがあるテックカードを見てみますと、

  • ゴラッカクローラー(ナーフ前の対テンポローグ、アグロ全般)
  • 飢えたカニ(対マーロックパラディン
  • 秘密を喰らうもの(対秘策メイジ)
  • 酸性沼ウーズ(対キューブロック、パラディン、メイジ)

 環境が混沌としてるので、対応するにしてもどこを向いたらいいかまだ定まっていない状態ですが。
 とりあえず、パッチーズという餌がなくなったゴラッカクローラーは置いておくとして、飢えたカニ、秘密を喰らうものはここ数日あらゆるデッキから飛び出してきますね。秘策メイジが秘密を喰らうもの出してきたりしますから。そんなに秘策が憎いならなぜ自分で使ってるのか。
 この2枚はテックカードの中でも素出しした時の弱さが際立っているので、なるべくなら入れたくないカードだと思うんですが、よっぽどマロパラ、秘策メイジへの怒りゲージが溜まってるんだと思われます。
 個人的には、クエストメイジが大流行してるというなら怒りのあまり秘策喰いの採用も考えそうですが、秘策メイジ相手にはそこまでムキにならなくても、と思ってしまいます。
 先に書いたようにテックカードをもりもり積むようなデッキではないので、今後もそこまでテックカードの採用は増えないのではと予想してます。


<その他>

 とりあえず入れといても損しないだろ枠として、太陽の砕片ライラ、ひとまねグリマールートあたりは以前はかなり採用されてましたが、今月に入ってからは姿消してます。強いカードではあるんだけど、このデッキの趣旨とはあまり関係ない強さなので、突き詰めていくと淘汰されていくのが自然か。
 テンポラスは永遠のロマン枠ですが、顔面パンチ力が低いコントロールウォーロック相手ならわりとあっさり通りそうなので、全くのネタというわけでもない。たぶん。さすがにギャンブル要素強すぎるので、ネザースパイトの歴史家の他の発見が護宝のドラゴンやら漆黒のドラゴン鍛冶やらハズレばっかりな時に、やむをえず引っ張ってきて遊びでぶん投げるくらいが丁度良いと思いますが。
 その他のドラゴン枠としては、コバルトスケイルベイン、ブックワーム、始祖ドレイク、イセラが見られます。テンポのスケべ、ヴォイドロード喰いのブクワ、安定の始祖ドレ、パワーのイセラ。どれも強力ですし、ドラゴンシナジーを安定させるためにもドラゴン増量は全然あり。採用してるデッキは今のところ見られませんが、ネザースパイトの歴史家から引いた時の強さを考えるとアレクストラーザもありなのではと思います。ガンガン顔詰めてきた秘策メイジに対してアレクストラーザで回復して相手息切れ、なんて勝ち方したこともありますし。まあ、私はアレクストラーザ持ってないんですけど。でもアレクストラーザならパッチーズ砕いた魔素で作るのもやぶさかではないです。


<今後の予想>

 ヴォイドリッパーが流行る。



<参考元>

呟いていけ

 twitterはじめてみました。そっちの方にも書いてますが、レジェンド2桁到達記念。

f:id:kadoha:20180210012645p:plain

 前回の記事のおまけで注目と書いた狐のマリン、あと影の狂気を採用してみた(苦痛の侍祭とストームウインドの騎士をout)んですが、そんなに悪くないです。本当にマリンが必要なのかと問い詰められると、目を逸らさざるをえませんが。

 ちなみに、マリン(=宝箱)のおかげで勝てたと言える試合は15戦中10勝したうちの2回ほど。うん、やっぱりそんな悪くない。
 あとは宝箱からのコピーで、神授の霊力か真言盾で手札をいっぱいにできたら満足なんですけど。

’18年2月レジェンド到達&ナーフ後環境雑感

f:id:kadoha:20180209114809p:plain


 9日でのレジェ到達は自己最速。順位100番台も最高位を超大幅更新です(過去最高は700番台でした)。やったぜ。
 ランク5に上がっても、ナーフが実施されても、とにかくOTK型ドラゴンプリーストをひたすら使い続けてました。ドラプリ最強。

 デッキは、前回の記事のやつから、タール・クリーパーを抜いて苦痛の侍祭に入れ替え。
 ナーフ前まではプリーストが多かったので、逆用されるおそれが高い苦痛の侍祭は使いづらかったのですが、ナーフ後に増えたウォーロック相手だと、序盤に出てくるのが超ウザイ調剤師やコボルトの司書という攻撃力2のミニオンなので、2ドロー以上狙いやすいということで苦痛の侍祭採用してみました。熱狂する火霊術師や霊魂鞭打など入ってないですし、そこまで苦痛の侍祭でドローしまくったという記憶はないですが、実際に戦績見ると苦痛の侍祭採用してから対ウォーロックの勝率上がってるので、それなりには有効だと思います、たぶん。

 ランク5からレジェまでの戦績はこんな感じ。

f:id:kadoha:20180209115554j:plain

 前回の記事のデッキがv1.1、苦痛の侍祭入りがv1.3。

f:id:kadoha:20180209120118j:plain

 ランク1に上がってからは、cocosasaさん(コントロールメイジ)やらmuzzyさん(悪魔Zoo)やら、有名プレイヤーと立て続けにマッチして全部負けたりと洗礼浴びたり。正直、興奮のまりプレイがめちゃくちゃになってた気もします。

f:id:kadoha:20180209122104j:plain

 ナーフ後の環境は、やはりウォーロックが最多勢力になってますね。数的にはコントロール>キューブロック≧Zoo。意外とZooが紛れ込んでくるのが面倒。新環境ではコントロールウォーロックこそヤバイらしいともっぱらの噂だったので、私もちょっと使ってみたんですが、うーん、このデッキが流行って環境トップになるなんてこと本当にあるんでしょうか。個人的には打点出せる手段が限られてるのが、使ってて全然面白くなかったんですが。

 ついで目につくのが秘策メイジ、マーロックパラディン

 秘策メイジは、挑発関係なく顔焼けるので、ヴォイドロード大会にイライラせずに済むというのが大きいんでしょうね。ただ、1Tからぶん回れば完封勝ちまでありうるけど、序盤でうまいことマナ踏み倒してガンガンラッシュかけられないと、デッキ自体がパワー不足なのでアルネス引けないとジリ貧、という、環境初期に強いレクサーくんみたいな印象。なので、このまま環境上位に居続けるのかはやや疑問。究極の侵食すらたいして騒がれなくなったこのご時世に、炎の大地のポータルなんぞ入れないといけないっていうのがねえ。

 マーロックパラディンはアグロでは1強状態。蟲弱体化でパワーは落ちてますが、環境からアグロが減ってる分、どのデッキもアグロ対策が手薄になってるので相対的な勝ちやすさは変ってないのか。ただ、そろそろ以前はゴラッカクローラーが入ってた枠に飢えたカニが採用されてきてる感じも。

 プリーストはラザカスは完全に消滅。ドラプリはOTK型、性悪型、両方ともいますが、気になるのがビッグプリーストがちらほら現れてきてること。アグロが減ってることの弊害がこんなところに。弊害呼ばわりもなんですが。

 ローグは、パッチーズ、蟲、ボーンメアと3枚も失ったテンポローグはさすがに環境から消え、代わりにファルドライ・ストライダーとガジェッツァンの競売人でデッキをジャカジャカ回すミラクルローグと、武器ミルローグが台頭。一回、DKヴァリーラで増やした凶悪なる一撃やらレイザーペダルやらをコボルトの地霊呪痛死で+2して顔ボコボコにしてくるデッキにも当たりました。クエストローグは今のところあまり見ません。
 
 ドルイドは影が薄い。翡翠ドルイドはナーフの直接的な影響は受けていませんが、主なターゲットとしていたラザカスプリーストがいなくなり、代わりに苦手なウォーロックが増えてるので、間接的に逆風喰らってます。今の環境では使う意味があまりないと思います。翡翠よりもクエスドルイドや性悪ドルイドがどの程度やれるか。アグロドルイドは、パッチーズのかわりにペンギン入れたらいいんじゃないすかね(適当)。

 ハンターはわりと見ますが、アグロではなく、秘策要素とビタータイド・ヒドラを採用したミッドレンジが主流か。決して弱くはないです。強くもないけど。バーンズ&ヤシャもまれに見ますが、だったら性悪プリでも使った方が安定な気はします。

 ウォリアー、シャーマンはあいかわらず懲役中。ごくろうさま。

  • おまけ:今注目してるカード

f:id:kadoha:20180209140453p:plain
 
 ナーフによりボーンメアが環境から減って宝箱を逆用されるおそれが薄れ、捻れし冥界を牽制でき、OTKドラゴンプリーストなら宝箱OTKも狙える(ガイストさえ出てこなければ)。最強なのでは。

'18年2月ランク5到達デッキ:OTK型ドラゴンプリースト

 今月もOTK型ドラゴンプリースト使って、ランク5まで来ました。32-11、勝率74%と好調。
 まあ、このデッキについては何度も書いてますし、またRubyさんばにらさんが素晴らしい解説記事書かれてるので、もはや書けることはないわけですが。
blog.livedoor.jp
azucatcultis.hatenablog.com

 一応、記録として残しておくと、今月使ってたデッキはこんなん。

f:id:kadoha:20180206083714p:plain

 先月のデッキから狂気ポーション、トワイライトの侍祭を1枚ずつ抜いて、沈黙、初級エンジニアを入れてみました。

 初級エンジニアは最近の流行りなので、真似てみました。BeerBrickなど見てますと初級エンジニア2枚入れて、太陽の砕片ライラを抜かす構築が増えています。個人的にはライラで呪文引くためにOTKにも使える呪文をジャカジャカ使ってしまうようなプレイはいまいち納得できなかったので、即時確実な1ドロー&デッキ圧縮できる初級エンジニアへの差し替えはしっくり来ます。

 あと、最近の流行りといえば、このところ大型ドラゴンを投入しているレシピが目立ってきています。

beerbrick.com
beerbrick.com

 コバルトスケイルベイン、ブックワーム、始祖ドレイク、イセラといったところが入ってきてます。始祖ドレイクとか、懐かしさすら覚えるくらい最近の構築では見かけなくなったカードですが。
 ヴォイドロードを食べることができるブックワームは、ナーフ後も注目です。
 ナーフ後に増えるであろうウォーロックと性悪な召喚士対策として、心霊絶叫という手もあると思うんですがどうなるでしょうか。絶叫で更地にしておいて次のターンにイセラ着地、その次のターンでOTK狙う、みたいな。

ナーフ発表!

 来月実施されるナーフの内容が発表されました。

playhearthstone.com

 …いや、私が予想してたものと違いすぎて。

  • 予想:パッチーズは確かに強すぎ暴れすぎだけど、レジェンドだしもうすぐスタン落ち、手札にパッチーズ引いてしまうと弱いというリスクもあるわけだし、今さらイジるわけない
    • 結果:はい、突撃削除な
  • 予想:ラザカスプリースト強すぎだけど、ラザは活躍したのはこの半年ってところだしどうせもうすぐスタン落ちする、ナーフするならまだまだ居座るDKアンドゥインか、不快度MAXの心霊絶叫か、あるいは他クラスの強1マナの多くがスタン落ちすることを踏まえてノースシャイアの聖職者という手もあるか
    • 結果:ラザ弱体化!
  • 予想:回廊漁り蟲はパッチーズがスタン落ちすれば自然に弱体化されるし、こいついないと今アグロ・テンポは戦えない、さすがに採用率高すぎるから調整はするとしても、せいぜい攻撃力1落とすかコスト1上げる程度っしょ
    • 結果:攻撃力5→2www
  • 予想:スタン落ちの影響が少ないウォーロックは(今でも十分ウザいのに)次環境以降は絶対ヤバイ、今のうちに先を見越して、暗黒の契約、冒涜、呪文石、ドゥームガード、取り憑かれし従者、肉食キューブ、ヴォイドロード、DKグルダンといったあたりから2枚は調整入れるべし


 …よかった、予想記事とか書いてなくて。
 先を見越して、とか全然ないんですね。スタン落ち後のワイルド環境のことは見越してるみたいですが。
 次の拡張でどんなカード追加されるかは分かりませんが、これで現時点で誰もが予想してるようなウォーロックストーンにそのまんまなったりは、しないことを信じたいです。

 とりあえず、ナーフ~新拡張までの環境は、ウォーロック大増殖アグロ・テンポ大打撃から始まり、まわりまわってクエストローグ、クエストメイジが増える地獄と化す、と予想。

世界最速リーサル?

f:id:kadoha:20180126100123p:plain


 後攻3T目でのリーサル。

 スクショのタイミングが悪くて分かりづらいですが、32/32になって今まさにぶん殴ろうとしてるのはネザースパイトの歴史家。

 相手が2T目ネザースパイトの歴史家を出し、3T目カバールのカギ爪のプリーストで体力+3のバフをかけたところを、光熱のエレメンタル、狂気ポーションで歴史家パクリ、コイン神授の霊力×2、内なる炎で32/32の出来上がり。

上ブレクサー

f:id:kadoha:20180122235048j:plain


 レジェ来たことだし、久しぶりにレクサーくんと一緒に遊んだろか、と秘策ハンターで気楽に回してたら、まさかの10連勝。荒ぶるレクサー。


f:id:kadoha:20180122235352p:plain


 トータル16-5で去年の6月以来のレジェ3桁にも到達。1周回ってレクサーの時代来てる、かも。
 実際のとこ、レクサーくんが苦手とするパラディンが選手権で結構ボコボコにやられたことで当分パラ使う気しないという人も多そうなので、今チャンスな気します。