【グウェント】Pick Up GwentUp !

 グウェントのデッキ投稿サイト、GwntUpから気になるデッキを取り上げてみようのコーナー。普通に強そうかどうかよりロマン重視。元記事には投稿者の解説ありますので、そちらも参照してください。

Nova Keltullis「ノヴァ・ケルトゥリス」(モンスター/エレディン)

gwentup.com

 ユニットを4種5枚、ゴールドカードもわずか4枚しか採用していないというなんとも尖った構築。
 狙いは「ターン開始時、自身が自軍墓地にある唯一のユニットである場合、このユニットは無作為に選んだ自陣列に召喚される」という能力をもつシリ:ノヴァのフル活用。シリ:ノヴァをひたすら墓地と盤面の往復させ続けようというコンセプト。
 ゴールドカードが勅令含む4枚だけということで、ナグルファーから確実に目当てのカードをプレイできます。エレディンのリーダー能力は3ラウンド目にケルトゥリスに使うよう推奨されてます。
 エンシェント・フォグレットの扱いは注意が必要。ちゃんと死んでくれれば破滅持ちで復活するので墓地を汚すことないのですが、封印されてから墓地送りにされるとシリ:ノヴァが復活できなくなって終わります。槍での自殺なども考えないといけません。
 私もさっき試しに使ってみましたが…正直、私の腕では勝てる気しません。数少ないユニットをどのタイミングで出すかが非常に難しいし、ケルトゥリスは扱いづらいし、そもそもディメリティウム爆弾なんかが手札で腐ると除去が追い付かなくなってどうしようもなくなります。

Usurper: Best Tactic/Lock mix with Tempo「簒奪者戦術封印テンポ」(ニルフガード/簒奪者)

gwentup.com

 12月パッチ以降、目に見えて増えたリーダーである簒奪者ですが、このデッキは戦術カードと封印シナジーを採用した簒奪者テンポデッキ。
 リーダー能力を無効化する簒奪者とユニットの能力を封じる封印で相手の勝ち筋を徹底して邪魔しつつ、こちらはティボル、駐屯地といった高得点カードとそれを再利用できる転生、ステファン・スケルンで押し切る狙い。
 パッチで簒奪者強化されたといってもマリガン1回しかできませんし、デッキ圧縮手段にも乏しいので、駐屯地、ティボル(or勅令)をきっちり引いてこれるグウェント上手い人でないと使いこなせなそうなデッキではあります。

HC Mill「ホームカミング・ミル」(ニルフガード/エムヒル・ヴァル・エム)

gwentup.com

 相手の勝ち筋を潰すことで勝とうとするという点では↑の簒奪者デッキと似ていますが、こちらは相手デッキの核となるようなカードを燃やすことに全力投球した陰キャデッキ。
 元記事ではストレゴボール、ハッゲのイスベル、レソ:王殺しにエムヒルのリーダー能力も絡めてハンドアドバンテージを狙いにいくややこしいコンボや、トラヒャルン・ヴァル・ヴディフィで相手デッキのトップを覗いてから蛇流派ウィッチャーやカンタレラで狙い撃ちにするようなプレイが紹介されています。相手の低コストカードばっかり燃やしてデッキ圧縮を手伝っただけでおわり、とならないようにするには、なかなか熟達のプレイングが求められそうです。

Inferno「獄炎」(北方諸国/ヘンセルト王)

gwentup.com

 ドラウグデッキに死霊シナジーも採用した型。死霊シナジーなんてあったんだ、という。
 ドラウグ、呪いの騎士で味方ユニットを死霊化してからのサブリナ・グレヴィッシグ+サブリナの獄炎のWサブリナコンボ決めて気持ち良くなるためのロマンデッキ。正直、コンボ狙うにしても獄炎まではやり過ぎで、ドラウグ+サブリナ・グレヴィッシグで満足しといた方が勝ちやすそうな気はしないではないですが。

【グウェント】【翻訳記事】12月パッチ前のメタレポート

 どうも、ばーいんです。
 先月末、PCでの正式版発売以来、グウェントをプレイしています。とても楽しんでやってるんですが、悩ましいのが正式版に対応した日本語で読めるグウェント情報サイトが少ないこと。リリースから1ヶ月経つのにwikiすら旧版のものしかない(あったら教えてください)という現状。来週にはコンソール版もリリースされるというのに。

 なので、グウェント情報得るには海外記事に頼るしかない。ということで、自分用に海外記事を翻訳して読んでたのですが、せっかくなのでそれを載っけます。もともと自分用なのと英語力もグウェントの知識も心もとないところあるためだいぶざっくりした訳となってますので、なんだこれと思う箇所あったら原文に当たってください。

 元記事は、こちらのTeam RankStarのリポート。
teamrankstar.com

 記事中のデッキリストの画像は、こちらのDeckBuilderを使用しています。

 なお、前回のリポートは、グウェント攻略データベースさんが翻訳されています。
gwent-database.com



前書き

 コンソール版のリリースに伴い12月4日にパッチが配信されるのにもかかわらず、デッキビルダーたちは現在のトリカブト環境への対策にせっせと取り組んできた。このメタがまだ残ってるうちに、これらの研究成果と環境に出てきたデッキリストを取り上げておこうと思う(トリカブトは次のパッチで重いナーフをうけるだろうと、公式のCDPRフォーラムで他のいくつかの変更点とともにリークされている)。加えて、プレイが面白く、正確に扱えれば強力なポテンシャルのあるデッキもいくつか取り上げてみた。以下の9つのデッキを楽しんでもらいたい。


スケリッジ

GOLDEN FROTH(黄金の泡)

f:id:kadoha:20181129133851p:plain

 黄金の泡は前回の修正で13コストにナーフされ多くの人はすぐに使わなくなったが、今でもいくつかのポピュラーな環境デッキに対して強さを発揮する。特に海イノシシ号、トリカブト、狂騒、森ビッグなどに対して相性が良い。
 以前の泡デッキのリストと同様、このデッキのプレイングはシンプルで、多くのユニットを1列に並べていき(ウィッチャー3人衆や、ハラルド・ハウンズノートのがいこつ、破棄することで盤面に出てくるテルショックの散兵といったユニット)、それから黄金の泡を1度、グレミストがいれば2度使う。
 さらに、狂騒要素はロングラウンドで助けになる。クラフ・アン・クライトと軽量ロングシップでダメージを与え、スヴァンリッジ、ドナール、デンジェ、海賊長でアドバンテージを取る。
 このリストを試してみれば、黄金の泡がいまだ中長期戦では非常に強力だと分かるだろう。この独自なリストはMagus of the Moonによって作り上げられた。

EIST WARRIORS

f:id:kadoha:20181129134100p:plain
(注:なぜか↑のリーダーのアイコン画像は不具のハラルドになってますがアイストです)

 このデッキは12月のパッチでのアップデートによるメタが含まれている。ザヴィエル・レメンスが12月のパッチでナーフされる予定なので、このデッキを含め、墓地に軸を置いた戦略が再浮上することが期待される。
 このデッキはスケリッジの戦士シナジーに着目し、ジュッタ・アン・ディムンとテルショックの古参兵を中心とする。
 これらは戦力値の半分のダメージを受けて盤面に出てくるユニットだが、ベッカーの邪鏡とシグルドリファの儀式を用いればフルの戦力値以上で展開することができる。ジュッタ+ベッカーの邪鏡は2枚で18点プレイとなり、シグルドリファの儀式はジュッタを強力な12点フィニッシャーとして墓地から召喚できる。さらに、ヤルマール・アン・クライトはジュッタや古参兵のもつ高い戦力値を除去として活用できる。
 このデッキは12月のパッチ以降、より多く見られるようになることが期待される。今から一足先にスタートを切ってみよう!

CORAL LIPPY

f:id:kadoha:20181129134425p:plain

 あなたが楽しさを求めているなら、このデッキはぴったりかもしれない。この独自なデッキは、 コーラルのスペシャルカードが破棄されるたびランダムな敵ユニットに2ダメージ与えるというパッシヴスキルを中心に展開し、そこにブランのパッシヴスキルで1ダメージ足していく。
 このデッキは 破棄とドローによって容易くデッキを底近くまで引き切ることができる。それゆえ、1ラウンド目と3ラウンド目両方でコーラルの破棄するためのカードを確保するために、リッピー・ガドムンドが不可欠となる。
 このデッキはコーラルを除去する手段に困るデッキに対し有効で、もし2つのラウンドでコーラルが生き残れないようだとこのデッキはポイントを取るのが難しくなる。相手が2つのフルのロングラウンドでのコンボを予期してなければ不意を突いて戦える。


モンスター

EREDIN IMLERITH (SABATH)

f:id:kadoha:20181129134657p:plain

 横並びでの支配と数枚のフィニッシャーをしのぐことを中心にメタが回ったことで、ラウンドを完全にコントロールできるようなデッキが浮上した。
 この強力なデッキリストはそのあかしであり、イムレリス、シリとエレディンの能力のコンビネーションは強力で対策が難しく、ラウンドの支配もしくはカード・アドバンテージをほぼ約束する。上手く扱えれば、現在のほとんどの環境デッキに対して優位を取れるデッキである。
 このリストはTeam Leviathan GamingのGreen-KnightとSaber97により作りあげられた。

EREDIN CIRI CARD ADVANTAGE

f:id:kadoha:20181129134852p:plain

 耐性は、狂騒や小刻みなダメージが多くのマッチアップにおいてキーとなっている環境ではますます人気になっている。
 このデッキはシリとシリ:ダッシュによってカード・アドバンテージでの優位を取ることに焦点を当てている。エレディンの耐性付与の能力により、これらのカードはほぼ確実にカード・アドバンテージを約束してくれる。
 オズレル、グールとゴリアテ、オールド・スピアチップ:睡眠をフィニッシャーとして用いる森ビッグの戦術の一部を取り入れているが、戦術の中心はコントロールデッキに対して最後の1回の手番(場合によっては2回)を握ることにある。コントロールデッキは最終手番でフィニッシャーの能力を最大限活かせてこそ強いのであるから、マッチアップする時にはカード・アドバンテージは非常に重要である。


スコイア=テル

BROUVER MIDRANGE

f:id:kadoha:20181129135059p:plain

 移動ブルーヴァーデッキは姿を消し、今はブルーヴァーとシーヒルを組み合わせた型が出てきている。シーヒルとブルーヴァーのコンボは、ウィッチャー3人衆の人気により戦力値4のユニットが多いので非常に強力である。シーヒルを確保することで、このデッキはエリレンと森の呼び声のコンボでエルフデッキとして機能する。竜の夢、サエセンテ、ミルヴァといった旧移動デッキで欠かせなかったポイントも抑えている。このリストは多くのマッチアップにおいてその柔軟性によってまずまず戦うことができ、「ミッドレンジ」と呼ぶにふさわしい。
 このリストを作りあげたチームメイトのKacodoに感謝を。


北方諸国

ADDA + HUBERT

f:id:kadoha:20181129135241p:plain

 このリストは、リーダーとして珍しくもアダ王女を、フィニッシャーとしてフーベルト・レイクを採用している点を除けば、 よく見るドラウグデッキのようである。
 しかし、この2つの変更点によってプレイングに大きな違いが出てくる。命令ユニットによって稼ぐ点数を最大化する代わりに、フーベルトをプレイするターンに最大ダメージを出すことに焦点を絞っている。フーベルト+アダの組み合わせはそれだけで19点出せるが、状況を整えてダメージ効果を増やせばさらにとんでもないフィニッシャーとなりうる。
 いくつかのカードを活かすには1ラウンド目を勝つ必要があるので、このデッキをうまく扱うにはリソースの管理が重要となる。ぜひ試してみてくれ。


ニルフガード

CAHIR

f:id:kadoha:20181129135508p:plain

 敵ユニットがブーストを得るたび同量のブーストを得ることができるという能力をもつカヒル・ディフリンは、今デッキを組むうえで最も興味深いカードの1つだ。理論上、マハカムの守備隊、黄金の泡、グラスティーウォルプ、ヴァージェンの女トロール、グール、オゾレルなどなどのブースト効果に対して、カヒルは完璧なカウンターとなる。
 それなのになぜカヒルは全然使われていないのか。ここに示したように、カヒル中心のデッキを組むことはできるが、それはドローに大きく依存するものとなるし、かつカヒルをセットアップして守るための中長期ラウンドが必要となる。しかしながら、うまくセットアップして一体の敵ユニットにブーストをかけることができれば、カヒル+レジス:上級吸血鬼は強力なコンボとなる。
 残念ながらこのデッキは複数ラウンドにおいての強度は不足しているが、新しいものを求めているなら面白いので試してみてくれ。今後の拡張においてのこのデッキの将来性に期待している。

SPIES密偵

f:id:kadoha:20181129135729p:plain

 このリストは、モルヴランのリーダー能力や使者、ヨアキム・ド・ヴェットなどによるブーストによって装置が生き残りやすいため、現在のメタでは非常にうまく機能する。
 エスケル:求道者、マグネ師団、禁衛旅団の執行官のような強力な装置と、シリ、シリ:ダッシュ、ハッゲのイスベルのようなカード・アドバンテージをもたらすカードのおかげでこのデッキはとても強力であり、またレソ:王殺しが変身で高いバリューを出しやすくなっている。そのため、このデッキは1ラウンド目は装置を機能させ続けて相手を圧倒し、3ラウンド目にカード・アドバンテージを押し付ける、というのがゲームプランとなる。
 使者ごと一掃するためにレジスとヴィレム王子を採用する型もある。
 この独自なリストはTeam Leviathan GamingのSaber97による。

天下一ヴドゥ祭 新カード事前評価(中立5マナ~編)


・元チャンピオン:5/1/1雄叫び

 味方を6/6エレメンタルに変えるやつの名前がぱっと出てくる人はなかなかいないと思う(ファーボルグの苔編み師)けど、こっちは名前だけは覚えやすい。ミッドレンジシャダウォックシャーマンで一応採用の余地はある。


・闘技場の常連客:5/3/3血祭

 これではみんな集まれない。


・ドラゴンモーの爆炎竜:5/3/6雄叫び

 アルカノサウルスといいこれといい、ダスクブレイカーから反省し過ぎ。マンモス年の負の遺産をきっちり精算しようという意思は感じられます。
 ドラゴンなのに手札にドラゴン必要ないのはありがたいですが、そのぶん性能が低く抑えられては本末転倒。


モッシュオグの審判:8/2/14挑発、聖なる盾

 はいモノノケ、が怖すぎる。


・モジョー使いジヒィ:6/5/5雄叫び
☆☆☆
 ついに現れたマナを食うカニ
 盤面放置の全力マナ加速に鉄槌を下すドルイドキラー。間に合わずに究極の侵蝕撃たれる可能性はありますが。
 10マナ必要なコンボデッキ全般へのテックカードとなりえますので、環境を左右しうるような存在。これ入れてガイストも入れて、なんていう構築は嫌ですけど。


・オオアゴガメのシェルファイター:5/3/8

 挑発の影から挑発を守れるというのは面白いけど、こいつだけでは肝心の顔が守れないので使い方が難しい。


モッシュオグのアナウンサー:5/6/5

 挑発つければノッゲンフォッガー市長もどき。ネタっぽい能力ですが、放置できないスタッツなのでアグロで採用したらわりと面白い気もする。


・ダ・アンダテイカ:8/8/5雄叫び
☆☆☆
 断末魔発動でなく獲得どまりですが、8マナなので出したターンに発動まで十分狙えます。かなりヤバそうな香りが。


・前線崩し:7/5/10血祭
☆☆
 コンボプリーストで試してみたくなる性能。


・盲目のレンジャー:5/3/4急襲、血祭

 急襲+血祭の組み合わせは優秀とはいえ、この貧弱なスタッツとしょっぱいオマケではどうにも。


・ドッカンドラゴン:7/7/4雄叫び
☆☆
 大半のミニオンを処理できる7点ダメージと、生存は期待できないけど処理を強いるプレッシャはあるスタッツ。オーバーキルしかしなそうな性能なのに血祭ついてないのが残念。
 盤面の取り合いでは確実に仕事はできるけど、フィニッシャーというにはやや頼りない7マナ、というデッキに入れるかどうか微妙なライン。デッキ外から引っ張ってこれたらめちゃくちゃ強そうなんですが。帰ってきてくれ諜報員。構築より闘技場の方が向いてそう。


・会場警備係:7/2/7挑発

 海の巨人と違って自分のミニオンは数に入らないので、狙って低コストで出すのが難しい。そもそもステゴドン出すためにマナ踏み倒したところでっていう。


・アマニの戦熊:7/5/7急襲、挑発

 コンゴウインコから引いてきたりしたらわりと強そうではある。キューブで増やすなり何らかのコンボ狙うなら電撃デビルザウルスの方がいい。


・魂剥ぐロア・ハッカー:10/9/6断末魔
☆☆
 10マナ断末魔という今回のメックトゥーン枠。
 ただ、メックトゥーンと違って自己完結せず、相手に引かせないといけないので実用性はだいぶ落ちそう。相手に一方的に引かせるようなギミックがどれだけ開発されるか。
 現時点でパッと思いつくのはトグワグル絡めてのコンボくらいですが。またちょうどドルイドの呪文石で割れる体力6というところに悪意を感じます。


・ウーンダスタ:9/7/7急襲、血祭
☆☆☆☆
 急襲血祭というどう考えてもヤバい組み合わせの能力をもっていながら、7/7という十分すぎるスタッツ。さらに自身も獣なので、キャスリーナから出てきてピタゴラスイッチ的に6/6、7/7,8/8が1ターンに展開されるという地獄絵図も十分ありえる。

天下一ヴドゥ祭 新カード事前評価(中立~4マナ編)


・強仙師:2/2/3
☆☆
 アグロメイジがロクな2マナいないから仕方なくという感じで入れていたアマニの狂戦士の代わりにうってつけ。アグロメイジ自体が息していないですが。


・シールドブレイカー:2/2/1雄叫び

 挑発限定の代わりに1マナ安くなったフクロウ。最近は挑発抜きたい時は沈黙よりヴォイドリッパーやモノノケ使う方が多くて、フクロウ自体そこまで見かけません。ましてや次環境ではその2つの採用率が更に上がりそうで。


・ヘビの結界:2/0/2

 トーテムである意味って何かあるのかな、と考えたけど特に思いつきませんでした。これだけ攻撃力0ミニオンが追加されたらヴォイドリッパー、モノノケ大忙し。


スカラベの卵:2/0/2断末魔

 2マナで総スタッツ3/5とか、おまけつきヘビの罠とか考えられなくもないですが、どっちにしろケレセスいるんで。


・ランブルタスク・シェイカー:4/3/2断末魔

 こんなのとかドルイドラプター2体とか出すなら、サロナイト鉱山の奴隷ナーフしておくべきだったのでは。同じ4マナで挑発ついてハンドバフ乗ったコピー出せるっておかしいだろうが。


・更生する構成員:4/3/5

 今回の拡張でアツい回復シナジー持ちですが、このスタッツではプレッシャーにならない。


・アイスクリーム屋:4/3/5雄叫び

 凍結シナジー!? 生きとったんかワレ。
 シャーマンのクラスカードじゃないところに優しさを感じます。


・ひ弱なヒナ:1/1/1断末魔

 ひ弱すぎる。


・グルバシの供物:1/0/2

 初手で置ければ1マナ8点装甲狙えますが…素トーテムをデッキに入れる人はいない。


・ドラッカリのトリックスター:3/3/4雄叫び

 ロア・ハッカーあたりと絡めての一発ネタデッキは出てくるかも。


・まどろむ狙撃手:2/0/4

 アマニの狂戦士でいい。


・ブーティ・ベイのノミ屋:2/3/3雄叫び

 スタッツ+1とコイン1枚のトレード。序盤に相手にコイン与えても大丈夫な状況などありません。


・バナナ・バフーン:3/2/2雄叫び
☆☆
 デッキ外から1マナ呪文2枚は色々活用できそう。


・闘技場の宝箱:4/0/4断末魔

 さすがにテンポロスが厳しすぎる。ネタで採用するデッキはありそうだけどまず弱い。


・熱狂的闘技場ファン:4/2/3雄叫び
☆☆☆
 中立にハンドバフ配って大丈夫か。何かしらの採用デッキは出てくるはず。


・ハーフタイムの清掃員:4/3/5隠れ身、血祭

 色々噛み合ってない。


・小ずるい足噛み魔:2/2/1生命奪取、雄叫び

 獣だったらバ獣がエラいことになってたんですが。


・凶暴なリクガメ:3/3/5雄叫び
☆☆
 標準スタッツ+体力1点の代償にヒーロー-5点というトレード。-5点はさすがにちょっと痛いですが、痛さを利用できるデッキなら。


・グリフター:4/4/5雄叫び

 発見がついてコスト制限がなくなった毛むくじゃらのミスティック。
 発見2枚してそのうちランダムな1枚のコピーを相手に与える(自分は2枚引けて相手は1枚)、だったなら面白カードとして使われる余地もありそうなもんですが。何考えて作られたんだか分からない謎レジェンド。


・マーロック・ディスティーフィン:4/3/2断末魔

 初手から全力ぶん回りで殴り倒してこそのマーロックデッキで、4T目というと戦隊長から温厚なメガサウルスに繋いで試合終わらせるターン。断末魔でドローとか悠長なことやってる場合ではないです。


・サロナイト鉱山の奴隷監督:1/2/3断末魔
☆☆
 序盤の盤面取り合いに強い高スタッツと、盤面に悪影響及ぼす断末魔を併せ持った悩ましい1マナ。
 1,2T目の盤面を強化しようとした結果、3T目にFA選手の裏からヒナやゴロツキといった本命を通されては意味ないので、対アグロとしてもエサゾンビのように取りあえずで適当に出しちゃって強いということはないはず。


・覆面選手:3/2/4雄叫び
☆☆☆
 序盤は放置されがちなハンターの秘策と好相性。秘密の番人→秘策→覆面選手でgg。それを嫌って秘策チェックしにいったら、ワンダリングモンスターからドラッカリの番人出てきてぎゃあ、みたいなこともありうる。なかなか嫌らしい。


・スープ売り:2/1/4

 ノースシャイアも真言盾も侍祭も入れられない偶数プリースト用ドローソース。
 あと3以上回復となるとライフドリンカー、キノコ呪術師、ジリアックスあたり。回復シナジー与えられてるパラディンはトゥルーシルバーチャンピオンでは足りないのが痛い。いずれにしても複数ドローは期待しづらいのでデッキに入れるほどのカードではない。


・ファイアーツリーの呪術医:2/2/2雄叫び
☆☆
 使いやすそうな2マナですが、ドラゴン軸のミニオンで押していくデッキ組むならケレセスでいいんじゃね、ってことに結局なりそうなのが本当に腹立たしい。来年以降に期待。


・野生のビーストマスター:3/3/4

 条件厳しい。獣といえばハンターですが、そもそもドローが弱い上に、最近はバ獣、呪文石から出てくる狼、卵から生まれる恐竜といったところが中心でいうほどデッキに獣入ってないですし。


・給水係:2/2/1雄叫び

 2マナ払って2マナ踏み倒してどうする。2/1のおまけ分だけ一応得してると言えますが、そもそもヒロパ自体がコスパ悪いものですのでトータルでは全然得してません。


・グルバシ・チキン:1/1/1血祭

 アングリーチキンの弟。バ獣素材。


・大虎ノーム:2/1/4挑発、雄叫び

 条件付き2/2/4ですが、2Tに出して条件満たせる可能性がどれだけあるか。期待できるのは対パラディン、Zooくらい。そして3T以降では2/4出せたところで強くない。装甲虫でいいんじゃないかしら。


・ダフ屋:4/5/3血祭

 猟犬使いショーと組み合わせでもしない限り、血祭を期待しづらい。


・シャークフィンのファン:2/2/2

 ゴロツキ同様、実質ヒロパで武器持てるローグ専用ミニオン
 ただ、2Tヒロパ→3Tゴロツキの流れのスムーズさに比べると2マナで動きがかぶるこっちはだいぶ見劣る。

天下一ヴドゥ祭 新カード事前評価(ウォリアー編)


・ダメ押し:1マナ呪文

 さすがに1マナくらいケチらずに止めの一撃でいいのでは。奇数ならシールドスラムあるし。


・吼えよドラゴン:2マナ呪文

 ダスクブレイカー来てくれー→テンポラスと護法のドラゴンこんにちは。
 ネザースパイトが強かったのは発見だったのと諜報員がいたからで、ランダムドラゴンがあてにならないのはボーンドレイクが証明済み。


・サイの精霊:1/0/3

 成長しても体力削れてるので結局すぐ倒されがちなダリアス・クロウリーのお供に。他にはわざわざ守るほどの価値ある急襲持ちがあまりいない。アカリは無傷で残ったところで体力5では結局生き残れなそうだし。ちょっと試されてすぐ使われなくなりそう。


・エンバースケイル・ドレイク:5/5/5雄叫び

 ドラゴンデッキが装甲積んで何すればいいのか。


・サイのロア・アカリ:8/5/5急襲、血祭
☆☆
 5/5急襲+1サーチ+5/5ハンドバフと盛りだくさんですが、出したターンは5/5急襲分しか盤面に干渉できないのが8マナの動きとしては物足りない。ジリアックス引いてこれれば強い。


・暴君のムチ:3/2/4武器

 狂戦士の鎧をリサイクルして出来上がった武器。なんか既存カードの使い回し多い。
 自傷シナジーはさすがに今さら感が。泡を吹く狂戦士処理されただけでだいたい打点足りなくなって終わっちゃうやつですし。


・戦将ヴーン:4/4/3雄叫び
☆☆☆
 これも今後の追加ドラゴン次第ですが、現状では軽~中量級のドラゴンをコピーして展開し続けるテンポ路線より、重量級ドラゴンをコピーしてブームシップでどーんと展開、というビッグ路線の方が面白そう。


・スモルダーソーンの槍騎兵:3/3/2雄叫び
☆☆
 止めの一撃内蔵ミニオンというか止め版側面攻撃というか。
 これで奇数でも止めが撃てるように!、と思ったけど、奇数に限らずウォリアーのデッキに入るようなドラゴンがそもそもほとんどいない。新カード次第。


ヘヴィメタル!:6マナ呪文

 地彫り師イップの魂。
 装甲貯まって余裕ある状況ならあえてガチャ引く必要性薄いし、ガチャで逆転狙いたい状況なら装甲削れてしまってます。


・スルスラズ:6/4/4武器
☆☆
 盤面処理能力ではスーパーコライダーに負けそうですが、単純に6マナ16点武器として顔殴ったら普通に痛い(最近、Gwentばっかりやってるせいか、1枚で何点出せるかを重視しがち)。ウォリアーにフェイス、テンポ寄りのデッキが出てくれば。

天下一ヴドゥ祭 新カード事前評価(ウォーロック編)


・ブラッドトロルの吸血鬼:7/5/8

 味方のミニオン死亡を条件とするのは使いにくい。冒涜と絡めた面白リーサル動画用。


・悪魔弾:8マナ呪文
☆☆
 確定除去として魂抽出を採用してたデッキなら、取って代われるくらいの性能はありそう。Zooならコストは下げやすいが入れるほどではないと思う。


・人身御供:1マナ呪文
☆☆
 蓮華紋(要生贄)。
 Zooとしては待望の手札ではなく盤面のミニオン全体にバフできる呪文ですが、全体バフなのにあらかじめ頭数を減らさないといけないというのはさすがに使いづらい。入魂をドッペルインプなりサロナイトなりに載せれば1マナ+4/+4なわけで、これでそれ以上の数字期待するのは相当厳しい。ロアや逢魔コウモリあたりで横展開重視したタイプのデッキが出てきたら。


・ソウルウォーデン:6/6/6雄叫び
☆☆☆
 ドゥームガード出してからこいつで補充しようと思ったら、こいつ自身が破棄されるやつ。
 6/6/7オーガと体力1しか変わらず、1ドローでも元は取れるスタッツなのは使いやすい。魂箱ともシナジーあってZooに入れても良さそうだし、何か悪い使い方も開発されそう。


・無謀なダイアトロル:3/2/6挑発、雄叫び

 守備的な性能の破棄シナジーカードがやたら追加されてますが、破棄シナジーってそういう戦い方のデッキでしたっけ。単純に攻撃2は弱そう。


・女大祭司ジェクリック:4/3/4挑発、生命奪取
☆☆
 破棄シナジーを使いながら手札を補充し、挑発で顔を守りながら生命奪取でついでに回復もしよう、という欲張りレジェ。
 ちょっと欲張りすぎて1枚しか入らないレジェンドにしては中途半端な性能に思えるんですが、同じように能力てんこ盛りのジリアックスがメカメカNo.1カードだったのであまり自信なし。


・金切り声:1マナ呪文
☆☆
 破棄シナジーつき火山ポーションAOEとしての効果よりも、(ある程度)狙ったカードを破棄できる効果がどう使われるかが気になるところ。


・虚無の契約:8マナ呪文

 こんなのが使われるということはメックトゥーン、コンボデッキだらけの環境になってるということなので、ぜひ埋もれていてほしい。


・コウモリのロア・ハイリーク:8/1/1雄叫び

 ハンドバフを乗せられる狐火の森。プリに感謝されるやつ。
 Zooで使うにはさすがに8マナは重すぎるか。オメガ・エージェントも使われてないですし。


・コウモリの精霊:2/0/3

 「味方のミニオンが死亡」という条件は厳しいし、そのわりに効果はしょっぱいし、そもそもケレセスいるし。今からでもケレセスナーフはよ。