最弱こそが最強:アグロ・ペンギン・ドルイドでレジェンド到達

f:id:kadoha:20171021220521p:plain


 レジェンド到達しました。6,8月に続いて3回目です。やったぜ。

 今月はずっとドラゴン・プリーストでラダー回していたんですが、ランク2まで来たところで負けが込み始めてズルズル落ちるという、先月とまるっきり同じパターンにハマってしまい。
 ここは違うデッキで気分転換でもするべかと、練気ナーフ以来、全く触ってなかったアグロ・ドルイドを久々に使ってみたら、いきなり5連勝。これはもしや!?と思って、そのまま使い続けたら、2日でランク4からレジェンドまで一気に上がってしまいました。ドラプリでの苦労はなんだったんだ。

 デッキはこんなん。

f:id:kadoha:20171021221804p:plain


 今の環境のアグロ・ドルイドの流行りも分かりませんでしたので、HSReplay.netで適当に拾ってきたデッキです。手持ちのカードで組める、ペンギンが入ってる、勝率良さそう、という条件を満たしたものの中からチョイス。

 練気ナーフ前のアグロ・ドルイドのエースであるゲーム・クラッシャーだった獰猛なヒナ、ヒドラはout。なぎ払いなどの除去も入っておらず、とにかく場にミニオンを並べて、バフをかけて、全力でぶん殴る、というシンプル極まりないデッキです。

 騎士団からペンギン、アケラスの古残兵、蟲のドルイド、クリプトロード、サロナイト鉱山の奴隷と5種のカードがinしてますが、これがどれも強い強い。
 特に、3種の挑発もちが強力で、これらが小型ミニオンをがっちり守ってくれるおかげで、動き回るマナを出すまでもなく、小粒ミニオンたちのパンチだけでゲーム決まることもしばしば。

 そして、なんといってもこのデッキの主役である、スノーフリッパー・ペンギン。
 0/1/1という、ただのネタ的存在かと思いきや。序盤での蓮華紋、野生の力のバフを受ける対象を1体増やせることがこんなに強いとは。
 1Tカラス、2Tブラッドセイル&パッチーズ+ペンギン+蓮華紋とすれば、3/3,2/3,2/2,2/2という盤面を先攻2Tで普通に作れてしまう恐ろしさ。2Tにして2マナ相当のミニオン4体ですから、相当のプレッシャーというか、ほぼおしまいです。

 もちろん小粒ミニオンたちはAOEには弱いですが、今の環境にアグロ・ドルイドに刺さるAOEもってるデッキってそんなにいない印象です。
 プリーストは、もちろん恐怖のドラゴンファイアポーションがありますが、ラザカスプリならデッキに1枚だけですし、撃たれる前にゲーム決めてしまえることも。ホーリーノヴァは入ってないこともあるし、生命鞭打はサルノスや火霊術師との組み合わせでなければ大体耐えられます。カザカスポーションが間に合ってしまったら、まあ、諦めましょう。あとカニ。
 ローグは、ナイフの雨はほぼ入ってないので、細かい除去を挑発が吸ってくれれば、という感じ。
 全体除去得意なメイジ、パラディンは、そもそも見かけませんでした(HSReplay.netのデータでは、ともに勝率60%とかなりの有利ついてるんですが、本当ですかね)。
 となると、シャーマンのメイルシュトロームのポータルとライトニングストーム、ウォーロックの地獄の炎くらいしか、現実的に脅威なAOEはないことに。
 しかも、今はドルイドと見ると翡翠を想定したマリガンをする人が多いので、翡翠にあまり有効でない軽いAOEはマリガンで返してくれることも期待できます。
 まあ、そもそもこのデッキは開幕から全力で横並べてぶん殴るしかないので、AOEは喰らったらごめんなさいするか、動き回るマナあれば再展開してもう一回撃ってみろやと居直るだけで、たいしてケアするわけではないんですが。

 戦績はこんなん。

f:id:kadoha:20171021221829j:plain

 勝率77%!
 
 練気ナーフでだいぶ減ったアグロ・ドルイドですが、相手が「え、翡翠じゃなくてアグロかよ」と驚いてくれる今こそ勝ちやすい気がします。私はそう思って、レジェンド上がるチャンスはここだと慌ててラダー回しましたし。
 使ってて面白いかというと、うーん、という感じもありますが、サクサク回せてストレスフリーなデッキです。

2017年10月のランク5到達デッキ:SirVILGAUDASドラゴンプリースト

 先月と同様、ランク5到達デッキを。先月も12日にランク5到達でしたので、ちょうどこのくらいが私のペースってことでしょう。


f:id:kadoha:20171012225911p:plain

f:id:kadoha:20171012230947j:plain

 先月レジェンド挑戦するも失敗したドラゴンOTKプリーストで今月もラダーやってました。勝率は60%。SirVILGAUDASさんのデッキを参考に、持ってない太陽の砕片ライラ、2枚目の始祖ドレイクの代わりにゴラッカクローラー、イセラを入れ、あとは内なる炎1枚をイカれた錬金術師に差し替え。

 マリガンや戦術については、koronekoさんのプレイ動画を見てもらえればすっかり分かるので、ここで余計なこと書いてもしょうがないわけですが。
(追記:ましわぎさんも同じデッキで動画上げられてますのでそちらも参考に)

 一応、独自要素として入れてるイカれた錬金術師は、ガイスト対策。内なる炎を燃やしてこれでOTKはないと油断してるところを、


f:id:kadoha:20171012234116p:plain


 こうやってぶん殴るわけです。ガイスト越しの60点パンチ。

コントロールハンター試案

 今週、ふと思いついたハンターのコントロールデッキがありまして。いきなり使うには躊躇するものがあったので、ランク10のセーブポイントまで来たところでお試しプレイ。
 50戦ほど回してみたんですが、プリーストと翡翠ドルイドにボコボコにされて勝率4割弱。まあ、素人考えでそう上手くいきません。
 ただ対アグロではかなり手応えあった(環境トップのアグロローグには4-1)ので、環境が変われば(ラザプリと究極がナーフされれば)使える日が来る、かも。
 ということで、とりあえずアイデアメモとして書き残しておきます。もうちょっと色々試してみて、また加筆するかも。


f:id:kadoha:20171007224639p:plain



 縫い目の追跡者で魔力の巨人をコピーして並べたら強いんじゃね?という思いつきだけで出来上がったDK巨人ハンター。
 ハンターなのに獣シナジーなし。通常の構築では入らないような細々とした除去呪文を山積みし、縫い目の追跡者で確実に欲しいものを引けるようにミニオンは5種7枚のみ。序盤は呪文でひたすら相手のミニオンを処理していき、中盤以降にがっつりコスト下がった魔力の巨人たちとバ獣でドドンと押しつぶすプラン。
 アグロデッキ相手に、次々出て来る相手のミニオンを片っ端から撃ち落としていくのは、まさに狩人という感じで非常に楽しいです。必殺の一矢、狩人の狙い+呪文or火霊術師と確定除去も豊富なので、そうそう盤面は譲りません。
 一方で、そもそも序盤からミニオンで盤面取り合ってどうこうしようとか思ってないラザカスプリースト、翡翠ドルイド、クエストメイジといった相手には空回り。こちらも序盤は盤面から出せる火力がほぼない(獣の相棒とヒロパくらい)ので、ただ相手が勝ち筋のためのパーツを揃えていくのを指くわえて見てるだけの序盤~中盤になりがち。最速でDK化したところで、その時点で相手の顔を全然削れてないのでは間に合わないです。

 なお、当初は覆面の女ハンターやピュートリサイド教授も入れて秘策多めにしてたんですが、さすがに楽しみ過ぎな感が否めず。ある程度は実利も追求してボーンメアや終末予言者に差し替えました。ガゼッツァンの競売人、マリゴスといったところも一考の余地はあるかもしれません。

こじらせデッキ

 月のはじめ、みなさんどのようなデッキで回ってるでしょうか。この時期は強い人がまだランク10以下にウロウロしてるので、私はランク上げは諦めて、楽しさ重視のデッキで気楽にやってます。
 ということで、現在使ってるデッキがこちら。


f:id:kadoha:20171003135844p:plain


 ラザカスプリーストとクエストメイジと翡翠ドルイドとアグロデッキ諸々への恨みつらみが折り重なったことで出来上がった、闇落ちジェイナ・コントロール・メイジ。怨念にまみれ過ぎて、最早どこを向いてるのか、わけ分からないことになってますが。楽しさ重視で気楽にやってます(2回め)。

 2枚挿しでビシっと揃っているようなデッキは、よく「綺麗なデッキリスト」だと言われたりしますが、レジェンド以外で10枚が1枚挿しという、怨念まみれなデッキにふさわしい、なんともこ汚い見た目。

 まず、海賊を食うカニと秘策を食うカニ。海賊カニは今の環境では必須レベルなので当然(むしろ1枚でいいのかというレベル)として、秘策カニはクエストメイジに遅延プレイされたことへの怒りから、という完全に私怨による採用。まあ、立ち上がりの遅いデッキなので、秘策カニ1枚入れたところでクエメイジを削りきれるかはだいぶ怪しいところはありますが。

 同様にガイストも、これで翡翠の偶像燃やしたからって翡翠ドルイドに簡単には勝てないので悩ましいところですが、ただ、こちらはラザプリのOTKパーツになりうる細々とした呪文やらアグローグの冷血、シャーマンの進化といったところも燃やせるし、ステータスも悪くないので入れています。

 秘策は、呪文相殺、鏡の住民といったメジャーどころの代わりに蒸発と変身ポーションを採用して不意打ち狙います。
 蒸発は、特に対アグロローグで有効。ボーンメアやコバルトスケイルベインで強化されたミニオンや、冷血つけてリーサル狙いで突っ込んできたリロイ・ジェンキンスを燃やせると、スカッとして心洗われます。そこらへんが出てくる頃はローグの手札もカツカツになってるので、わりと狙い撃ちできますし、蒸発1枚で相手の手札2枚分を無駄にできれば決め手になりえます。
 変身ポーションは、DKジェイナのためのエサ作りとしても働きますが、ラザプリのヴェレン、クエメイジの弟子、アグロローグのリロイ・ジェンキンスあたりが出て来るタイミングに合わせることができたら、勝ちを確信した相手のOTKプランを台無しにして大爆笑することも可。

 なお、マナワーム、キリン・トアのメイジ、カバールのクリスタルの運び屋といったテンポメイジならエース級のミニオンたちが軒並み不採用なので、顔面への打点力はだいぶ心もとないです。序盤は終末予言者と火山ポーションでひたすら凌ぎながら、テックカードで相手の勝ち筋を潰しつつ、後半のメディヴとDKジェイナのバリューに全てを賭けていくスタイル。恨みを晴らすには耐えることも必要です。特にDKジェイナが引けないとほぼ勝ち筋ないので、相手によりますが、マリガンで来たら返さずにキープもあり。

 一応、今のところ勝率5割程度あるので、私怨で出来上がってるわりにそれなりに実用に堪えるデッキにはなってると思いますけど、このデッキ使ってると性格がねじ曲がっていくので、オススメはしません。

9月のレジェンド到達失敗デッキ

 9月のラダーはレジェンドならず、ランク2どまりでした。無念。

 ランク2まで上がってきたところで、3戦連続で最速ケレセスからの3連敗を喰らってランク3に転落、心折れました。ケレセス=必敗というわけではないんですが、精神的にキツイものがあります。
 
 ということで、7月に続いてのレジェンド到達失敗デッキシリーズ。


f:id:kadoha:20171001114407p:plain



 9月末使っていたのは、以前にちらっと使ってみたいと言ったドラゴンプリースト。ただ、純粋なドラプリではなく、普通のドラプリのふりしてOTKを狙うデッキ。
 攻撃4&高体力&ドラゴンという、プリーストにとっては処理しにくい三重苦のトワイライト&始祖のドレイクコンビが発射台としてとにかく強力です。

f:id:kadoha:20171001115232p:plain

 このように6T目にして体力MAXの相手を40点パンチでぶん殴ることも。
 内なる炎&神授の霊力をそれぞれ2枚積みしてますが、さらに影の幻視で3枚目の神授の霊力を引っ張ってくると、体力4のミニオンさえ場にいれば32点パンチをいきなりぶっ放せます。
 体力MAX&DK化で装甲も積んでるアンドゥインをワンパンで殴り殺すのは、これまでDK&ヴェレンでOTKされてきたことでの積もり積もったストレス解消に大変よろしい。

 ただし、ガイストはぶっ刺さります。プリースト相手にガイスト出されたら終わり。その時点でほぼ打点足りなくなります。
 一応、プリースト以外相手なら、OTKパーツを燃やされても普通のドラゴンプリーストとして戦えないことはないですが、通常のドラプリより微妙にパワー落ちるので、ネザースパイトの歴史家とドラコニッド諜報員で良いカード引けないと苦しいです。
 ガイスト入ってそうな相手や展開の早いアグロ相手にはOTKを狙わず、内なる炎は、たとえばノースシャイアの聖職者あたりに攻撃+2のバフとして使って、序盤のミニオン処理に利用してしまうのが良いです。ただ、そう思っていてもOTKの爽快感にハマってしまうと、ついつい狙って引っ張りたくなってしまうんですが。


f:id:kadoha:20171001114907j:plain


 戦績はご覧の通り、だいたいのヒーローには互角以上ですが、今環境を席巻中のアグロローグには完敗だったためにレジェンドに到達できなかったわけです。
 まずケレセス出されるとSI7諜報員、船長、タールクリーパーといったところが攻撃4になって密言で処理できなくなって、一方的に殴られて終わります。
 また、中盤以降に出てくるコバルト・スケイルベイン、リロイ・ジェンキンス、ボーンメア、冷血といった連中の繰り出す高火力も、挑発も回復ポーションも入ってないこのデッキではなかなか受けきれません。
 逆にこっちがOTK狙おうにも、発射台となる高体力ミニオンはヴァイルスパインスレイヤーで処理されてなかなか場に残せません。
 とにかく場のミニオンをひたすら処理して、息切れするのを待つしかないです。序盤は終末預言者、中盤以降はドラゴンファイアポーションが頼み。本当はカニ入れるべきだったんでしょうけど。あと、マリガンでケレセス引かれないよう祈ることも忘れずに。


追記:最速4ターンでいけました。

f:id:kadoha:20171011111131p:plain

世は大泥棒時代


f:id:kadoha:20170929235325j:plain


 
 右を向いても左を向いても泥棒しかいない9月末。聖職者の皮をかぶった泥棒と本職の泥棒と。

 そしてレクサーくんの栄華は儚かった。

新環境始まってる

f:id:kadoha:20170922101040j:plain


 なんというバランスの良さ(ハゲ除く)。そしてまさかのハンターが与党第一党。

 1ヶ月ちょいのプレーヤー全員参加によるデバック期間を終えて、ついに凍てつく玉座の騎士団始まりました。今のところ、みんな新環境で試行錯誤してる段階で、色んなデッキに遭遇して楽しいですね。

 ハンターは、ウンゴロ時代はアグロ系にはスピードで負け、コントロール系にはパワーで負けるどっちつかずのヒーローだったんですが、新環境ではアグロ系が軒並み弱体化されて数が減り、コントロール系にはサメグマ、DKレクサーなどでのパワーアップで戦えるようになったこと、そして何よりバ獣のエンタテイメント性で、一気に数を増やしました。プリーストに強い攻撃力4のミニオンが多めなのが売り。
 環境トップかと言われると、本当にそこまで強いか?という気はしないでもないですけど。まあ、今がピークでだんだん減っていくと思います。

 あと、なぜかやたらケレセス公爵を見かけるようになったのはちょっとどうかとは思います。公爵入りデッキ相手は完全に運ゲーで、最速で出てこられるとその時点でゲーム壊れますから。しかも練気ヒナなどと違って、こっちには対抗する手段がないのがしんどい。
 前に取り上げたケレセスパラディンのほか、ローグ、ウォーロックでよく見ます。もともと2マナにろくなクラスカードがなく(腹裂きくらいか)、ドローソースが豊富なこの2ヒーローはケレセスとは相性ばっちり。私も一回、コイン公爵影隠れ公爵影隠れ公爵という即爆発コンボ決めました。船長出したらパッチーズが4/4で飛び出してくるアホらしさ。相手にしたらやってられっかという。
 あと海賊ウォリアーも斧が3マナになったことで、それならいっそケレセス入れちまえという、海賊ケレセスウォリアーなるヤケクソ気味なデッキも誕生。私もちょっと試してみましたが、2T目で公爵出せればそりゃ強いけど、出したあとに引いたミニオンにしかバフは適用されないので、ドロー手段に乏しい海賊ではそこまで公爵パワー活かせないかなという印象。5Tくらいに公爵引いてきてもすでに手遅れで、2マナのカード抜いてるせいでテンポ取りにくくなる弊害の方が大きいと思いました。


 ちなみに、私自身は調整後もしばらくハンター使っていたんですが、わりと順調にランク2まで来たところでいきなり9連敗してセーブポイントまで逆戻り。逆上のあまり、今は翡翠ドルイドに手を染めています。今になってドルイド使い出すとかとんだ逆張り野郎ですが、このゲームは逆張りこそがセオリーなところもありますので。ドルイドがみんなの意識から外れてる今こそっていう。まあ、ガイストは普通に見かけますが。